2007年02月16日

中学受験に必要な資質

塾の先生に言わせると、受験はいかに子供の精神年齢が発達しているかが鍵だとのことです。
国語の長文読解なども、精神年齢が発達していないと文章の意味が理解できず、点がとれないということがしばしばあるそうです。
確かに、娘が4年生の時に作者は忘れましたが、児童書で初恋の胸キュンストーリーの本を薦めて読ませたのですが、娘にはまったく意味がわからなかったらしくたらーっ(汗)「なにこれ、つまんない話」で終わってしまいましたがく〜(落胆した顔)
うちの娘の場合、完全に精神年齢が低すぎでした。

そもそも精神年齢が発達していない子供は自分がどこの中学に行きたいかなんてゆめゆめ考えません。
私自身を振り返っても、小学校6年生の時でさえそんなこと考えたこともありませんでした。
まして、4年生の娘に向かって、あなたは一体どこの学校に行きたいの?などと詰め寄ったところでわかるわけがないというのが厳しい我が家の現実でした。
もっとも主人の場合は男子校にどうしても行きたくて、自分から親に頼んで中学受験をさせてもらったそうですが、、、。
第一子、第二子、というのもあるのでしょうか?(主人は次男で第二子、私は長女で第一子、娘も当然第一子、、、。第一子はやはりボケボケ育っているのか?それは我が家だけ??)

かと言って、親の私たちにも絶対何がなんでもこの学校に入って欲しいという学校があったわけではなく、ただ、娘がよいお友達に囲まれて充実した学生生活を送ってくれる学校ならどこでもいいと思っていました。

私たちは娘に自発的に受験勉強をしてもらいたいと思っていました。
よそのお子さんで、4年生から親が付きっきりで勉強させ、それに反発もせず、親の言うとおりに素直に一生懸命勉強してみごとに志望校に合格してやれやれと思ったけれども、今までずっと親に言われるままに勉強してきたので、中学に入ってからも自分ではどうやって勉強したらいいかわからず、結局今も親が付きっきりで勉強させている、という方のお話や、小学生の内は文句一つ言わずに親の言うとおり一生懸命勉強したけれど、合格と同時に燃え尽きてしまい、中学に入学してからは、いくら怒っても全く勉強しなくなってしまったという方のお話などをしばしば聞くにつけ、うちの娘の場合、無理やりやらせれば、きっと受験前にグレてしまうに違いないと確信したからです。

しかし、一向に娘はやる気になりませんでした。
行きたい学校もないのですから、当然といえば当然かも知れません。

時々、「私はどうしてもこの学校に行きたいの!」と自発的に頑張って合格をつかんだという、よそのお嬢さんのうらやましいお話をうかがって、わが娘をかえりみてはため息をつく毎日でした。
posted by 頑張った母 at 22:17 | 中学受験に必要な資質
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。