2007年02月13日

塾選びについて

最近では小学生の低学年から塾に入っている方も多いと思いますが、一般的には中学受験体制というのは4年生から(塾のスタートは3年生の2月から)ですよね。

うちの娘も3年生の1月ごろから塾探しを始めました。

親の立場から言って、塾の条件は我が家の場合、「家から近いこと」でした。
塾に通うのに片道30分〜1時間もかかるのではだんだん学年も上がり、塾の終わる時間も遅くなるにしたがって、家に帰る時間がどうしても遅くなるでしょうし、それにつれて睡眠時間も削られてしまう、、、ということなどを考えると、とにかく家から近い方が何かと安心できると私は思いました。

また、拘束時間がなるべく短いこと、週に何回行くのか、何時に終わるのか、お弁当はいるのか、、、、などなど。なるべく色々な塾に実際にお子さんを通わせている友人に話を聞きました。

それから、娘が3年生当時、うちの近所で通いやすい塾をいくつか選んで、まずは体験授業を申し込みました。

たぶん、どこの塾でも、体験授業というのが用意されていると思うので、是非是非、お子さんに体験させることをお薦めします。中には普通の授業と言うよりは実験教室のような子供を引きつける楽しいイベントを催してくれているところもあります。(しかし、現実の授業とは全く違うので後でこんなはずでは、、、とならないよう注意)それでも、やっぱり受けないよりは受けた方が、先生と子供の相性や教室の雰囲気もわかるようで、塾を選ぶ参考になると思います。

うちの場合は比較的近所の5つの塾の体験授業に参加しました。

個別授業で有名な トーマス
今や中学受験の代名詞 サピックス
スパルタで有名 早稲田アカデミー
昔からある最大手 日能研
関西ではわりと有名らしい? 創研学院

サピックすは体験授業と入塾テストがセットで3000円かかりました。
他のところは無料でした。


5つの塾の体験授業に出たあと、娘にそれぞれの塾の感想を聞きました。

トーマス→先生と2人で息がつまる。
サピックス→ほとんど記憶にない。(興味なしって感じ?)
早稲田アカデミー→とても面白かった。
日能研→つまらなかった。
創研→面白かった。

娘はそもそも塾にもあまり興味がなく、また、お友だちと一緒に特定の塾に行きたいという希望も特になかったので、この中から選ぶことにしました。

私もそれぞれの塾の説明会に出て、その後個人的に塾の先生に説明を受けました。その時の感想は

トーマス→個別授業で家庭教師を外に頼んでいるような感じ?良い先生に当たればいいかもしれませんが、外れた時がちょっと。当然ながらとても高いです。

サピックス→印象として面倒を見てくれる感じはなし。頑張りたい人は着いてくればいいよ、頑張りたくない人は来なくていいよ、って感じを受けました。(最近ではそうでもない、宿題しないと家に電話が来る、という話をちらほら聞きますが、、、。)

早稲田アカデミー→面談してくれた先生が素晴らしかったです。算数の担当の先生でとても優秀ないい先生!という感じ。この先生に教えたいただけるのであれば是非お願いしたい、と思いました。が、当然その先生は一番トップのクラスを担当されているので、下のクラスになってしまうとこの先生からは教えたいただけない、、、、。う〜む。

日能研→子供の数が多く、一クラスの人数がとても多い印象。
先生もお若い感じで楽しそう。でも、勉強しにいくんだからねぇ、と思いました。

創研学院→なんでこの塾の体験に行ったのか今ではまったく記憶にありません。たまたまちらしでもみたのでしょうか?でも、こじんまりとした塾で、昔私が子供の頃に通っていた塾のような印象。塾長とお話しして、わりといいなと思いましたが、小さい塾なので、どのクラスにいても塾長の授業を受けられるのが他と比べて特にいいなと思いました。


最終的に、娘の意見をよく聞いて、親子で話し合って塾を決めました。

うちの場合、結局3年間同じ塾にお世話になりました。

途中で何回か塾を替えたり、塾のほかに家庭教師をつけるご家庭のお話もよく聞きます。

ある友人のお子さんは4年生の時は日能研に、5年生に上がる時に家を引っ越したので、近所の早稲田アカデミーに、しかし、先生とうまがあわず6年生に上がる時に近所に新しくできたサピックスにと、一年ごとに3つの塾をわたり歩くことになりました。
早稲田アカデミーは四谷大塚の予習シリーズというテキストを使っており、家庭ではどちらかというと予習が中心、一方、サピックスは復習が中心で、結局塾のペースになれるまでに時間がかかってしまい、子供に相当負担をかけてしまったと後でお母様がこぼしていらっしゃいました。

先生との相性もありますし、絶対この塾でなければ受からない、などということはありませんので、ダメだと思ったら、ずるずる引きずらないで、思い切って塾を替えるというのも一つの方法だと思います。

ただ、やはり、それぞれの塾によって、カリキュラムというものが違います。どの塾もだいたい新4年生から3年間のスパンでカリキュラムが組まれているようですので、あまりに中途半端な時期に塾を替えることは子供にとって負担にならないとは言えません。

また、面倒見の良い塾(何から何まで塾が面倒を見てくれるので家庭では健康管理だけに気を配ればよいという方針の塾)から、宿題の丸付け、予習復習のフォローなど家庭で親がみなければならない部分が非常に多い塾まで色々です。

4年生から6年生まで丸3年間お世話になるところですし、よくよく検討してご家庭の方針と合ったところを見つけることが大切だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by 頑張った母 at 13:22 | Comment(6) | TrackBack(10) | 塾選び

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。