2007年02月20日

死ぬ気でやる!〜決意表明

夏休みに幼なじみのお友だちと旅行に行ったことで、娘の中で、真剣に彼女と同じ学校に行きたいという気持ちが固まりました。

娘から「○○○女子中等科に行きたい」と言われた時、私も主人もそのことに異存はありませんでした。

私たちが娘にどうしても入って欲しいと思っている学校は特にありませんでしたし、娘にとってどこの学校へ行くことが本当に彼女のためになるのか皆目わからないというのが正直な気持ちでしたので、娘が自分から希望を持ってくれたことは喜ばしいことでした。

しかし、一方で、本人がいくら行きたいと行った所で、はいどうぞ、と入れてもらえるような簡単な話ではありません。

それまで(6年生の8月の時点まで)娘は塾以外の外部の模擬試験を受けたことがありませんでした。

それは塾の方針で、6年生の夏までは一般的な模擬試験(四谷大塚主催 合不合判定テスト、日能研主催 全国中学入試センター模擬試験、首都圏模試センター主催 統一模試など)では、毎回試験の出題範囲が決まっているため、そこで良い点が取れたからと言ってそれがそのまま志望校の合格率を見るための判断材料にはならないから、ということでした。

もちろん、場数を踏んで試験に慣れるという意味でお受けになるのは良いと思いますが、お子さんの実力(ズバリ、合格の可能性)を判断するために受けるのなら、一般の模試を受けるのは出題範囲の規定がなくなる6年生の9月以降で十分だと思います。

そういう理由で、娘は8月の時点では外部の模擬試験を受けたことがなく、彼女の実力が一体どの程度なのか?私たちは全くわかっていませんでした。


9月の中旬になって、初めて受けた首都圏模試センターの模擬試験の結果が返ってきました。

志望校の合格の可能性は50%。

国語と算数はまあまあ(といってもそれ程良くはない)でしたが漢字の問題が全滅、さらに理科と社会がボロボロで、受験者の平均点を大きく下回っていました。

このままでは、とても合格は見込めません。

国語と算数はこのまま塾のやり方に任せることにし、主人と私は娘の弱点を補強するため、本屋さんへ行って、漢字と理科、社会の問題集を買い揃えました。

そして、受験当日までの残り約3ヶ月間、毎日どれとどれを何ページずつやるか日づけを割り振って、受験までに一通り終えられるように計画を立てました。

ところが、それまでろくに勉強をしてこなかった娘は、一日にこなす問題集のあまりの量の多さにすぐに反抗し、泣き言を言い始めました。

毎日こんなにできるわけがないと泣き喚く娘に向かって、私は言いました。

「○○ちゃん、受験をしようという子達はね、みんな、4年生の時から、これだけの量をそれこそ泣きながらがんばってやってきているのよ。

お友達の××くんだってそう、あまりにストレスで暴れるようになっちゃったり、△△ちゃんだってあまりの大変さで体をこわしちゃったりしたけど、それでも頑張って勉強を続けてきていたでしょう?

それに引き換え、あなたは4年生、5年生の時、どうしてた?塾の宿題もちゃんとしないで遊んでたでしょう?

そんなあなたが、4年生から泣きながら頑張ってきた子達と一緒に模試を受けて、同じように点をとれるはずがないでしょう?

それでも、本当に本気であの学校に合格したいのなら、○○ちゃん、一度本当に死ぬ気でやらないと無理だよ。

それがいやだと言うなら、受験なんかやめなさい。

ママもパパも別にあなたに頼んで受験をしてもらいたいなんて思っていないんだから。

塾ももう行かなくていい。お金ももったいないし。

でも、もしも、あなたが本気で合格したいから死ぬ気で頑張ると言うのなら、ママもパパもできる限りの協力をする。

さあ、どうするか自分で決めなさい」

娘は神妙な顔をしてしばらくうつむいていましたが、顔をあげ私にむかってきっぱりと言いました。

「うち、どうしても合格したい。だから頑張る。」

「じゃあ、明日から、6時に起きて学校へ行くまでの時間に漢字と理科と社会を毎日やるからね。いいね。」

こうして、次の日から家族一丸となって、2月1日へ向けた猛勉強の日々がスタートしたのでした。
posted by 頑張った母 at 00:50 | 死ぬ気でやる!〜決意表明

2007年02月18日

志望校の決定

娘が本格的に志望校を決めたのは6年生の夏休みでした。

6年の夏休みといえば、受験の結果を左右する大切な時期であると認識されています。

6年の夏をどう過ごしたか、ここでいかに頑張ったかが、秋以降の成績の伸びに影響すると言われたいるのです。

しかしながら、お恥ずかしいことに、うちの娘はこの大事な夏休みに夏期講習を3日も休んで、一週間の旅行に出かけたのです。

(って別に娘一人が旅行に行ったわけではなく、家族で行ったのですが。)

そもそも、娘には一学年上の大好きな幼なじみのお友だちがおり、そのお友だちが6年生で受験勉強真っ最中の時に、彼女の受験が終わったら夏休みに一緒に旅行に行こうね、と約束していたのです。

しかし、当然のことながら、彼女の受験が終わるということは今度はうちの娘の番が来るということで、本来なら、旅行に行くのは自分の受験が終わってからにしろよ、という話なのですが、なにせ強情なわが娘のこと、一度言い出したら絶対に引きません。

「どうしても○○ちゃんと旅行に行きたい。去年そう約束したんだから。行かせてくれないんだったらもう勉強なんかしない。」

と、強く突っぱねてみたり、そうかと思うと、殊勝な態度で

「ママ、うち、もう塾やめたい。コマーシャルで見た通信講座(TOKIOが「今すぐボーンボヤージュ♪」と宣伝していた進研ゼミ)に代えたい」とつぶやいてみたり。

「あんた、まさかそれって旅行に行きたいから(通信だと日程が自由だから、、、)?」

「・・・・(図星)」

あいた口がふさがらないとはまさにこのことです。

確かに去年から娘がその約束を楽しみにしていたことを知っていた私は、とうとう根負けして娘に自分で父親と交渉するように言いました。

主人も最初は「何をふざけたことを」と反対していましたが、最後はやはり根負けして、塾の夏期講習を休んで旅行に行くことを了承し、その代わり、帰ってきたら心を入れ替えて真剣に勉強することを約束させました。


そして、私たちは娘の幼なじみのご家族と一緒に南の島へと旅立ち、本当に濃厚な、楽しい1週間をすごしました。

そして、その間に娘は幼なじみのお嬢さんが通っている有名私立女子中学の学校生活について詳しく聞くこととなり、自分も彼女と同じ学校に行きたいと、初めて本気で目指したい学校を定めることになったのでした。

娘がそのお嬢さんの通っている学校を目指すということは私たちが全く意図していなかったことでしたが、娘が目指したいと言うものを反対するつもりはなく、ただ、レベル的に目指すことが可能なのかどうかだけが、ちょっと気になっていました。

こうして振り返ってみると、この時旅行に行かせることについては本当にこれでよいのか、後であの時旅行になんか行かなければ、、、と後悔することになるのではないか?などと、散々悩みましたが、うちの娘の場合はやはり、行ってよかったのだなと思います。

幼なじみのお嬢さんのリアルな学生生活について話を聞けたおかげで、娘は自分の中学生になってからの生活をやっとイメージできるようになったのでしょう。

そして、自ら自発的にこの学校に行きたいと思えたことが、その後の彼女の受験勉強をするモチベーションとなり娘を支え続けたのでした。
posted by 頑張った母 at 01:19 | 志望校の決定

2007年02月16日

中学受験に必要な資質

塾の先生に言わせると、受験はいかに子供の精神年齢が発達しているかが鍵だとのことです。
国語の長文読解なども、精神年齢が発達していないと文章の意味が理解できず、点がとれないということがしばしばあるそうです。
確かに、娘が4年生の時に作者は忘れましたが、児童書で初恋の胸キュンストーリーの本を薦めて読ませたのですが、娘にはまったく意味がわからなかったらしくたらーっ(汗)「なにこれ、つまんない話」で終わってしまいましたがく〜(落胆した顔)
うちの娘の場合、完全に精神年齢が低すぎでした。

そもそも精神年齢が発達していない子供は自分がどこの中学に行きたいかなんてゆめゆめ考えません。
私自身を振り返っても、小学校6年生の時でさえそんなこと考えたこともありませんでした。
まして、4年生の娘に向かって、あなたは一体どこの学校に行きたいの?などと詰め寄ったところでわかるわけがないというのが厳しい我が家の現実でした。
もっとも主人の場合は男子校にどうしても行きたくて、自分から親に頼んで中学受験をさせてもらったそうですが、、、。
第一子、第二子、というのもあるのでしょうか?(主人は次男で第二子、私は長女で第一子、娘も当然第一子、、、。第一子はやはりボケボケ育っているのか?それは我が家だけ??)

かと言って、親の私たちにも絶対何がなんでもこの学校に入って欲しいという学校があったわけではなく、ただ、娘がよいお友達に囲まれて充実した学生生活を送ってくれる学校ならどこでもいいと思っていました。

私たちは娘に自発的に受験勉強をしてもらいたいと思っていました。
よそのお子さんで、4年生から親が付きっきりで勉強させ、それに反発もせず、親の言うとおりに素直に一生懸命勉強してみごとに志望校に合格してやれやれと思ったけれども、今までずっと親に言われるままに勉強してきたので、中学に入ってからも自分ではどうやって勉強したらいいかわからず、結局今も親が付きっきりで勉強させている、という方のお話や、小学生の内は文句一つ言わずに親の言うとおり一生懸命勉強したけれど、合格と同時に燃え尽きてしまい、中学に入学してからは、いくら怒っても全く勉強しなくなってしまったという方のお話などをしばしば聞くにつけ、うちの娘の場合、無理やりやらせれば、きっと受験前にグレてしまうに違いないと確信したからです。

しかし、一向に娘はやる気になりませんでした。
行きたい学校もないのですから、当然といえば当然かも知れません。

時々、「私はどうしてもこの学校に行きたいの!」と自発的に頑張って合格をつかんだという、よそのお嬢さんのうらやましいお話をうかがって、わが娘をかえりみてはため息をつく毎日でした。
posted by 頑張った母 at 22:17 | 中学受験に必要な資質

やる気のなかった2年半

こうして、娘は4年生の春休みから塾に通い始めました。
通常、新4年生のカリキュラムは3年生の2月から始まっているので、娘は他のお子さんたちより2ヶ月弱遅れてのスタートでした。

たった2ヶ月と軽く見ていましたが、はじまってみると、娘は早速、算数で悪戦苦闘することになりました。
2月から勉強したことを春休みの春期講習で復習することになるので、他のお子さんたちは2回目の内容になり、比較的スムーズに進んでいけるようでしたが、娘の場合、初めての塾通いで、しかも授業のペースが思ったよりも早く、ボケボケしているうちにあっという間に一つの単元が終わってしまう、、、。
こんなことを繰り返しているうちに春期講習はあれよあれよという間に終わってしまいました。
5月頃のある日、ふと塾の勉強がどうなっているのか気になって、娘に塾の宿題はやったのかと聞くと、どうも返事がはかばかしくありません。
塾のテキストを持ってこさせて宿題を確認すると、娘は3桁の割り算の筆算でつまづいて、すっかりやる気を失って投げ出していました。
このまったく闘志のない娘の姿に、昔自分がビシビシやられた記憶が蘇り、私はにわかに怒りがこみ上げて来ました。
「冗談じゃない。まじめにやりなさいーパンチ
その後3時間、べそをかく娘にビシビシ喝を入れながら、宿題をやらせたことは言うまでもありません。

そんなこともあり、それからは時々算数だけはちゃんとできているか、チェックをするようになりました。
が、基本的には本人の自主性と塾にお任せし、私がするのはもっぱら「塾の宿題やった?」という声がけだけでした。
本人が「やった。」と答えると、そのままチェックなどせずに野放しにしていました。
4年生の終わり頃だったと思いますが、塾の保護者会で、先生のお話を聞いているうち、娘の自己申告と塾で出されている宿題の量がかけ離れていることに気づき、残って先生に確認すると、案の定、娘は宿題をやってはいるが、全部ではなく、途中までしか出していないということが判明。

「宿題やった。」という返事は嘘ではないが、全部はやってない、という事実を知った私は怒り心頭してウチに帰り、娘に向かって集中砲火を浴びせました。

娘は一応しゅんとして反省はするのですが、所詮、本人にやる気がないものを、いくら怒っておしりを叩いてやらせたところで、いつまでも続くわけもなく、どうすればいいのかと途方にくれることがしばしばでした。

結局本人が「どうしてもあの学校に行きたい」とか「このままではいやだからがんばる」などの自発的な欲求がなく、なんとなく親に言われて塾に行ってる〜という感覚では所詮無理なのだというあきらめモードが、その後、6年生の夏休みまで続くことになりました。
posted by 頑張った母 at 21:29 | やる気のなかった2年半

中学受験の動機

娘は1歳から小学校に上がる直前まで、イギリスのロンドンですごしました。
帰国子女といえば聞こえがいいですが、うちの場合は全くそんな優雅な響きとはかけ離れていました。
一応2歳から現地の幼稚園に入れましたが、全くなじめずに2年間毎朝(一日も欠かさず!)幼稚園に行きたくないと泣いていました。
普通子供にとって幼稚園の思い出といえば、楽しいことしか残っていないでしょうに、この娘の幼稚園の思い出はずっと泣いていたことだけになってしまうのだろうか?
なんで、ここまで現地の幼稚園にこだわっているのだろう?
英語なんて大きくなってから自分の力で勉強すればいいじゃないか。
そう夫婦で話し合い、最後の一年間は娘を日本人幼稚園に転園させました。
日本人幼稚園に移ってからは娘は人が変わったように毎日楽しく笑顔で幼稚園に通えるようになりました。

ところが、3つ子の魂百までとはよく言ったもので、英語は全く習得できなかったにもかかわらず、感覚は何故か親の理解を超える、日本人離れしたものに育っていました。

日本人の女の子は学校でもどこでも必ず仲良しグループでつるんでいることが多いと思いますが、娘は全くの一匹オオカミ。
一人で好き勝手なことをしていて、グループに入っていない(入れてもらえない?)ことに全く頓着しません。
小学校の低学年のうちはこれでもいいのでしょうが、高学年になってグループ行動が強くなってくるとどうなるかちょっと心配ですね、と小学校の1年生の時に担任の先生に言われました。

親としてもこのまま公立で育っていくには娘は個性的すぎるのではないか、いじめの対象になったりするかもしれない、同じような感性をもった帰国子女の子供たちがたくさんいるような、娘の個性を受け入れてもらえるところに入れてやった方がいいのではないだろうか?
そう考え、どこか帰国子女の生徒が多い私立の学校を受験させようと夫婦で話し合い、とりあえず、4年生から塾に通わせることにしたのでした。

という訳で、我が家の場合、御三家をねらっているとか、とにかく偏差値の高いところに入れたいというような考えは全くありませんでした。
もちろん親としては娘が御三家や、名前を聞いただけで「まあ〜優秀なんですね〜。」なんて言っていただける学校に入ってくれたら鼻が高いのに・・・などと考えなかったわけではありません。

でも、私自身が子供の頃親に勉強、勉強と厳しくされて、うんざりしていた反動もあり、本人が自発的にやるならいいけれど、無理やり勉強させるのは、親の自己満足でしかないのではないだろうか、とその後3年間、何度も自問自答を繰り返したのでした。
posted by 頑張った母 at 20:37 | 中学受験の動機

2007年02月13日

塾選びについて

最近では小学生の低学年から塾に入っている方も多いと思いますが、一般的には中学受験体制というのは4年生から(塾のスタートは3年生の2月から)ですよね。

うちの娘も3年生の1月ごろから塾探しを始めました。

親の立場から言って、塾の条件は我が家の場合、「家から近いこと」でした。
塾に通うのに片道30分〜1時間もかかるのではだんだん学年も上がり、塾の終わる時間も遅くなるにしたがって、家に帰る時間がどうしても遅くなるでしょうし、それにつれて睡眠時間も削られてしまう、、、ということなどを考えると、とにかく家から近い方が何かと安心できると私は思いました。

また、拘束時間がなるべく短いこと、週に何回行くのか、何時に終わるのか、お弁当はいるのか、、、、などなど。なるべく色々な塾に実際にお子さんを通わせている友人に話を聞きました。

それから、娘が3年生当時、うちの近所で通いやすい塾をいくつか選んで、まずは体験授業を申し込みました。

たぶん、どこの塾でも、体験授業というのが用意されていると思うので、是非是非、お子さんに体験させることをお薦めします。中には普通の授業と言うよりは実験教室のような子供を引きつける楽しいイベントを催してくれているところもあります。(しかし、現実の授業とは全く違うので後でこんなはずでは、、、とならないよう注意)それでも、やっぱり受けないよりは受けた方が、先生と子供の相性や教室の雰囲気もわかるようで、塾を選ぶ参考になると思います。

うちの場合は比較的近所の5つの塾の体験授業に参加しました。

個別授業で有名な トーマス
今や中学受験の代名詞 サピックス
スパルタで有名 早稲田アカデミー
昔からある最大手 日能研
関西ではわりと有名らしい? 創研学院

サピックすは体験授業と入塾テストがセットで3000円かかりました。
他のところは無料でした。


5つの塾の体験授業に出たあと、娘にそれぞれの塾の感想を聞きました。

トーマス→先生と2人で息がつまる。
サピックス→ほとんど記憶にない。(興味なしって感じ?)
早稲田アカデミー→とても面白かった。
日能研→つまらなかった。
創研→面白かった。

娘はそもそも塾にもあまり興味がなく、また、お友だちと一緒に特定の塾に行きたいという希望も特になかったので、この中から選ぶことにしました。

私もそれぞれの塾の説明会に出て、その後個人的に塾の先生に説明を受けました。その時の感想は

トーマス→個別授業で家庭教師を外に頼んでいるような感じ?良い先生に当たればいいかもしれませんが、外れた時がちょっと。当然ながらとても高いです。

サピックス→印象として面倒を見てくれる感じはなし。頑張りたい人は着いてくればいいよ、頑張りたくない人は来なくていいよ、って感じを受けました。(最近ではそうでもない、宿題しないと家に電話が来る、という話をちらほら聞きますが、、、。)

早稲田アカデミー→面談してくれた先生が素晴らしかったです。算数の担当の先生でとても優秀ないい先生!という感じ。この先生に教えたいただけるのであれば是非お願いしたい、と思いました。が、当然その先生は一番トップのクラスを担当されているので、下のクラスになってしまうとこの先生からは教えたいただけない、、、、。う〜む。

日能研→子供の数が多く、一クラスの人数がとても多い印象。
先生もお若い感じで楽しそう。でも、勉強しにいくんだからねぇ、と思いました。

創研学院→なんでこの塾の体験に行ったのか今ではまったく記憶にありません。たまたまちらしでもみたのでしょうか?でも、こじんまりとした塾で、昔私が子供の頃に通っていた塾のような印象。塾長とお話しして、わりといいなと思いましたが、小さい塾なので、どのクラスにいても塾長の授業を受けられるのが他と比べて特にいいなと思いました。


最終的に、娘の意見をよく聞いて、親子で話し合って塾を決めました。

うちの場合、結局3年間同じ塾にお世話になりました。

途中で何回か塾を替えたり、塾のほかに家庭教師をつけるご家庭のお話もよく聞きます。

ある友人のお子さんは4年生の時は日能研に、5年生に上がる時に家を引っ越したので、近所の早稲田アカデミーに、しかし、先生とうまがあわず6年生に上がる時に近所に新しくできたサピックスにと、一年ごとに3つの塾をわたり歩くことになりました。
早稲田アカデミーは四谷大塚の予習シリーズというテキストを使っており、家庭ではどちらかというと予習が中心、一方、サピックスは復習が中心で、結局塾のペースになれるまでに時間がかかってしまい、子供に相当負担をかけてしまったと後でお母様がこぼしていらっしゃいました。

先生との相性もありますし、絶対この塾でなければ受からない、などということはありませんので、ダメだと思ったら、ずるずる引きずらないで、思い切って塾を替えるというのも一つの方法だと思います。

ただ、やはり、それぞれの塾によって、カリキュラムというものが違います。どの塾もだいたい新4年生から3年間のスパンでカリキュラムが組まれているようですので、あまりに中途半端な時期に塾を替えることは子供にとって負担にならないとは言えません。

また、面倒見の良い塾(何から何まで塾が面倒を見てくれるので家庭では健康管理だけに気を配ればよいという方針の塾)から、宿題の丸付け、予習復習のフォローなど家庭で親がみなければならない部分が非常に多い塾まで色々です。

4年生から6年生まで丸3年間お世話になるところですし、よくよく検討してご家庭の方針と合ったところを見つけることが大切だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by 頑張った母 at 13:22 | Comment(6) | TrackBack(10) | 塾選び

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。